色彩活用が未来を創る

iro-laboは、新たな色彩活用のあり方を日々探求しています

色彩活用研究所 株式会社 iro-laboは、(旧)色彩活用研究所 サミュエルです

今月の色

Colors of the MONTH

柿色(かきいろ)

柿の果実の様な濃い橙色を言いますが歌舞伎の定式幕で使われる柿渋で染められた赤茶色のことも 柿色と呼ばれています。江戸歌舞伎の市川團十郎から代々伝わる団十郎茶がそれで、襲名披露の口上など、柿色の裃を着た役者の姿を今でも見ることができます。

 

コンサルティング事業
スクール事業

コンサルティング事業

Consulting

講師派遣をはじめ、カラーセミナーの企画、商品企画、建築、パーソナルカラーなど、あらゆる分野でのカラーコンサルティングを長年にわたり、さまざまな企業様からご依頼いただき、高い評価と信頼を得てまいりました。

スクール事業

School

現役カラーコーディネーターによる実践的な授業は他には例を見ないクオリティの高さ。「気軽にカラーを楽しみたい」、「人気のカラー検定に合格したい」、「カラーでキャリアアップしたい」、「カラーの仕事をしたい」など、あらゆるニーズにお応えします。

主なサービス

サービスに関するお問合せ・ご相談はこちら

お電話にてご連絡 03-3463-8560 ※営業時間 9:00〜18:00

代表メッセージ

Message
代表取締役 三木ゆか

色彩活用研究所は、「色彩活用が未来を創る」ための、色彩活用のあり方を日々探求する色彩専門集団です。

色彩活用研究所の講座やコンサルティングを通じて、「カラーの世界」に触れ、カラーによる「新しい価値観」を持たれる方がたくさんいらっしゃいます。「色彩」という視点を加えることで、「新しい付加価値」「新しい切り口」を得て、「カラーによる新しいビジネスモデル」を作成することができます。
また、「カラー」を通じて、自分をそして周りの人をあらためて知ることができ、「新しい可能性」「新しい魅力」を得て「カラーによる新しいコミュニケーション」を築くことができます。
私たちはこのような色彩活用が未来を創ることを目指して行きます。