1. Home
  2. 企業向け カラーコーディネートサービス
  3. 建築・インテリアカラー
  4. カラー提案

カラー提案

こんなことにお悩みでは?

材質コストは上げずに、仕上げ材の見栄えを良くしたい。できるだけ色数や使用材の種類も少なくしてコストも抑えたいがイメージは良くしたい。また、物件が大きいので各階やフロア内のセグメンテーションをどうしようか迷っている。


こんなことにお悩みでは?

見た目のイメージにカラーは大きく影響します。適切なカラーコーディネートにより、同じ材料でもイメージアップすることができます。また配色テクニックにより、塗装色数や仕上げ材の種類は少なくてもバリエーション豊かな表現ができます。そのバリエーションによってカラーによるセグメンテーションが可能になります。
色彩活用研究所のカラーコーディネートは、イメージとコスト両方をバランスよくコーディネートします。


カラー提案メニュー
カラープランニングエリアの提案

建築規模や意匠を考慮しながら、「どこを色で魅せるか」を提案します。「色で魅せる顔」、つまりカラープランニングを行なうエリアを明確にしていきます。
より効果的な「魅せる色」の演出のため、仕上げ材の種類の検討提案も行います。


カラーコンセプト、カラーテーマ策定

カラーコンセプトやカラーテーマを策定し、プロジェクトに応じてさまざまに展開させていきます。
企画書、パース、プレゼンテーションボードの作成や、実際のプレゼンテーションも行なっています。


カラー実施計画管理、仕上げ材選定

カラーコンセプトに基づいた仕上げ材の選定を行います。
選定に関するサンプル手配、提案色指定管理、煩雑な仕上げ表作成といった管理も行ないます。
エクステリアの場合、特に外装仕上げ材選定は重要になります。サンプル作成も時間がかかりますので、より的を絞ったラインナップの提案が評価されています。 また色の見え方は環境にかなり影響されるため、現地での最終選定が必要になります。


什器備品の策定、モデルルーム作成

設計範囲に入ることが少ない什器備品についての策定や色指定まで行うことができます。
また集合住宅や高齢者施設などのモデルルーム作成も担当しています。

サイン計画

建築のカラーコンセプトやカラーテーマと深くリンクするという点においても重要なサイン計画は、カラー指定からデザインまでトータルで展開します。

事例を見る

お問い合わせはこちら

お見積もりはこちら

色彩活用研究所 0120-856-016または03-3463-8560 Mail:samuel@sam-color.com