| 色彩活用研究所サミュエルHP |

コートを買う際に譲れない私の条件

こんにちは、サミュエルの近藤です。
寒くなってきましたが、みなさん冬支度はもうお済ですか?
今年はどんなコートを買おうかと、心わくわくしていている方もいるかもしれませんね。
私は、コートを買う際に譲れない条件が1つあります。
それは、、、
色!
それも鮮やかな色!
えっ?色?
色なら気にして買ってま~す、でも鮮やかな色はちょっと抵抗ある…。
と思う人が多いかもしれませんが、
その“鮮やか”こそが、私の譲れない条件なのです。

我が家には6年生の娘がいます。
この年齢になると、暗い夜道を1人帰宅する行動が増えてきます。
夏は日没が遅いのでそれほど気にはしていませんが、
冬は4時を過ぎた頃から一気に外は真っ暗です。

娘は自転車に乗り、1人で塾やバスケのチーム練習に出かけていきます。
そしてほぼ毎日の帰宅が夜7時を過ぎるため、1人帰る暗い夜道での安全がとても心配です。
危ない目に合わずに帰ってきてほしいけど、迎えには行けないし…どうしようか。
そこで、思いついたのが“色”なのです。
それも鮮やかなピンク色
そう!暗い夜道、車を運転している人が気づきやすい“誘目性の高い色”のコートを
着る事により、子供の事故を防ごうと考えたのです。
それゆえ、コートを買う際に譲れない条件というのが“色”になりました。
正確には娘が着るコートの色の条件です。安全を考慮し、目立つ鮮やかな色を選んでいます。


暗い夜道、誘目性の高い色はどっち?
そして、自転車も鮮やかなピンクです。



日頃は大人しめの濃紺水色グレーの洋服をシンプルに着ている娘。
色の心理的効果もあって大人っぽい気分にさせてくれる色ではありますが、
コートだけはそんな娘の心理など気にはしていられません。
娘は大っ嫌いな鮮やかなピンクだって冬は着なければならないのです。
「目立つからイヤだっ」って言いますが、それでも仕方ありません、
命には代えられませんので。

時間帯や背景にもよりますが、が一般的には目立ちやすいといわれていますね。
さーて、今年はどんな色のコートで誘目性を高めましょうか。
みなさんも、身近な色の役割についてふと考えてみてはいがかでしょうか。



©2004-2016/色彩活用研究所サミュエル ※無断転写は固くお断りいたします。