| 色彩活用研究所サミュエルHP |

色彩の原点回帰の旅

こんにちは。サミュエルの岩田です。

みなさま、今年の夏休みはどう過ごされましたでしょうか?
わが家は、北海道の知床半島をメインに道東を旅してきました。
2005年に世界自然遺産に登録され、手付かずの自然が残る知床で、野生のエゾシカや
キタキツネに出会い、自然が作り出した美しい色・色・色を浴びて本当に癒されました。
人間が美しいと感じる配色の原点がここにあるとしみじみと感じました。
実際に見るような迫力まではお伝えできませんが、写真をいくつかご紹介。


「オホーツク海に太陽が沈む瞬間」
刻々と変化する橙色のグラデーションは
息をのむ美しさ


「知床五湖の一湖」
湖面にまで広がる圧倒的な自然の緑の濃淡の世界

「霧の摩周湖」
濃い乳白色の霧が徐々に晴れていくトーン変化が
神秘的


「野付半島のトドワラ」
「この世の果て」と呼ばれる場所、朽ちていく色も
また自然の色


グラデーションドミナントの美しさは人間がどう頑張って表現しても、
自然が作り出した配色にはかないませんね。

「トドワラ」は、知床から根室に向かう途中にある場所で、天然のトドマツが海水の浸食により
立ち枯れて、年々浸食がすすみ、いずれなくなってしまうと言われる場所。
枯れ木が湿地帯に吸い込まれて同化していくような風景が広がっていました。
東京で忙しく過ごしていると考えもしないような変化が地球の色々な所で
起こっているんだろうなと何とも言えないような気持ちになりました。

どっぷり自然に浸かり、色彩の原点回帰の旅でパワーアップして東京に帰ってきました!
多感な年頃の娘は、人の作り出した人工的な配色が恋しくなったようですが・・・・
人間は慣れてしまうと新しい刺激を求めてしまうんでしょうね。(笑)

夏が終わると美しい紅葉の季節。
また違ったグラデーションの美しい景色が楽しみですね。



©2004-2016/色彩活用研究所サミュエル ※無断転写は固くお断りいたします。